レクサス ミニバンLM300hの価格(値段)や内装は?日本発売日予想も!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
実は多いんです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
下取り会社が競ってくれるので、
結果として
買取価格の値段が吊り上がります。

下取り会社が自宅に来てくれて、
外で査定をしている間は
家の中で待機していればいいだけ。

ついにレクサスブランドのミニバンが登場予定です。

その名もLM300h。

すでに発表から話題をさらっている状態ですが、価格(値段)や内装、日本発売日の予想も気になります。

この記事ではレクサスLM300hの価格(値段)や内装、日本発売日の予想を紹介していきます。

スポンサードリンク

レクサス ミニバンLM300hの価格(値段)は?

まずはレクサス ミニバンLM300hの価格(値段)から紹介します。

レクサスブランドが満を持してのミニバンとして送り出しているため、半端な値段ではないことは予想が出来ますがどうなっているのでしょう。

レクサスLM300hのベース車はアルファードロイヤルラウンジ

アルファードロイヤルラウンジとは、トヨタのフラッグシップミニバンであるアルファードのリムジンタイプ、といったモデルです。

ファミリーユースであった内装のアルファードを企業の応接室のように改装し、3列シートを取り払い、広大なスペースを2列シートで贅沢に使用しているのが特徴です。

そのため、乗車定員は7/8人乗りから半分の4人乗りになっていることや、運転席側と後部座席側がパーテーションで仕切られていて、企業の役員が社内外での取引、打ち合わせで使用することが前提となっています。

価格(値段)もそれに応じて、アルファードロイヤルラウンジの車両本体価格は15,589,200円からであるため、レクサスLM300hはさらに上の20,000,000円台からとなるのでは、と予想しています。

また、エンジンラインナップは2.5Lハイブリッドと3.5Lガソリンエンジンの2種類、駆動方式は2WDと4WDの設定が予定されているようです。

エンジンや駆動方式は従来のアルファードと同じですが、とても楽しみで続報が待ちきれませんね。

スポンサードリンク

レクサス ミニバンLM300hの内装は?

次はレクサス ミニバンLM300hの内装を紹介していきます。

ベース車がアルファードロイヤルラウンジであるため、かなり贅沢なベース車ですが、さらにレクサスイズムをプラスすることでどんな変化をしているのでしょうか。

引用:https://discoverlexus.com/models/premieres/lm

引用:https://discoverlexus.com/models/premieres/lm

この内装を見る限りでは、白と黒を基調とした内装になっていますね。

とても落ち着いた雰囲気で、かつ上品さを兼ね備えています。

 

パーテーションによって前席としっかり区切られた後部座席は、完全にプライベートな空間です。

落ち着いた空間で取引や会議も進むのではないかと思います。

 

レクサスLM300hは後部座席の居住性が売りになっています。

そのため、値段もそうですが一般ユーザー向けではなく、どちらかというと企業の役員や芸能人といった、いわゆるセレブが運転手付きで乗る車、という位置付けであると思います。

いつかはこんな車で送り迎えしてもらいたいですね(´;ω;`)ウッ…

スポンサードリンク

レクサス ミニバンLM300hの日本発売日予想は?

続いてレクサス ミニバンLM300hの日本発売日予想をしていきたいと思います。

超プレミアムなレクサスLM300hは日本で発売されるのでしょうか。

 

結論から言ってしまうと、今現在の所では日本での発売は未定とのことです。

ただし、最近の日本国内企業の役員や政治家、官僚等の自家用車にはセダンのほかに、アルファードやヴェルファイアといったプレミアムミニバンが増えてきているようです。

そのため、将来的なニーズを前もって確保するためにも、レクサスブランドからプレミアムミニバンを市場に投入してもある一定のマーケットは確保出来るとの判断があるようです。

その証拠に、レクサスLS、GSのユーザーからLM300hの発売についての問い合わせが増えているそうです。

既存のレクサスユーザーからもLM300hへの関心の高さは伺えますね。

もちろんそれ以外のユーザーからも大幅に取り込めることを予想しているため、実際にLM300hが日本で発売された際にはそこそこの販売台数は見込めるのではと推測します。

 

これらの予想がすべて思惑通りに運んだとして、実際にLM300hが発売される場合の予想としては、ズバリ、2021年秋頃を予想します。

理由は、ベース車であるアルファードのフルモデルチェンジ時期が2021年頃であるとの予測からはじき出したためです。

レクサスLM300hもこのフルモデルチェンジしたアルファードをベースに開発が進められていくでしょう。

レクサス ミニバンLM300hの画像は?

次はレクサス ミニバンLM300hの画像を紹介していきます。

ベース車両であるアルファードやヴェルファイアの画像と比較しながら紹介していきたいと思います。

LM300h

引用:https://discoverlexus.com/models/premieres/lm

やはりレクサスらしい堂々たるオーラが違います。

アルファードの顔に近い感じがしますが、LM300hの方が少し落ち着いた印象もありますね。

アルファード

引用:https://toyota.jp/alphard/?padid=ag341_from_alphard_navi_top

現行アルファードの外観ですが、これはこれでとてもイカツイ感じがして格好いいですね。

ただLM300hと比較するとどうしてもフロントグリルがくどく感じてしまいます。

LM300h

引用:https://discoverlexus.com/models/premieres/lm

LM300hの後部からの写真です。

リアコンビネーションランプのデザインは、流れるようなデザインとなり、左右が繋がっています。

アルファード

引用:https://toyota.jp/alphard/exterior/? padid=ag341_from_alphard_top_exterior_exterior

ヴェルファイア

引用:https://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_navi_exterior

こちらはアルファードとヴェルファイアの後部からの写真です。

LM300hのリアデザインもアルファードに近い部分がとても多いです。

LM300h

引用:https://discoverlexus.com/models/premieres/lm

LM300h

引用:https://discoverlexus.com/models/premieres/lm

続いてLM300hの内装の写真です。

大人の男性が座ってもかなりゆとりがあるように見えます。

取引やちょっとした会議などもLM300hの車中で、難なくこなせてしまいそうです。

また疲れた際にもリクライニング機能が充実しているため、このようにゆっくりと休めます。

アルファード

引用:https://toyota.jp/alphard/interior/?padid=ag341_from_alphard_navi_interior

ヴェルファイア

引用:https://toyota.jp/vellfire/interior/?padid=ag341_from_vellfire_navi_interior

アルファード、ヴェルファイアも負けてはいません。

どちらもゆったりとくつろげるスペースは十分に確保されています。

ただ、LM300hはアルファード・ヴェルファイアと同じ室内空間に2席しかないため、ゆとりの空間はLM300hに軍配が上がりそうです。

 

見れば見るほどレクサスLM300hの日本発売が待ち遠しいですね。

早く続報が欲しいところです。

レクサス ミニバンLM300hの価格(値段)・内装・日本発売日まとめ

レクサス ミニバンLM300hの価格(値段)・内装・日本発売日について紹介してきました。

レクサス ミニバンLM300h価格(値段)・内装・日本発売日まとめ

・LM300hの価格はベース車であるアルファードロイヤルラウンジの価格が約15,600,000円からであるため、20,000,000円台からと予想

・エンジンラインナップは2.5Lハイブリッドモデルと3.5Lガソリンエンジンモデルを予定

・内装はレクサスらしさを出しつつシックで上品な装い

・前席と後部座席をパーテーションで区切ることが出来るため、ちょっとした取引や会議にも使用可能

・そのため、どちらかというと役員やセレブといった層へ向けて、運転手付きで乗る車というイメージ

・乗車定員が4人のため、後部座席はかなり広くシートのフルリクライニングも楽々可能

LM300hの日本発売日は今のところ未定

・ただし、既存のレクサスユーザーからもLM300hについての問い合わせが多くなってきている

日本で発売されるのであれば、まず2020年に中国やアジア諸国への発売が開始されてから1年後である、2021年の秋頃が有力

セレブや役員でなくてもLM300hはとても気になる存在です。

まだまだ推測の域を出ない情報が多いですが、続々と新しい情報が出てくると思います。

今後も要チェックしてみてくださいね。

ミニバンが値引き金額から更に50万円安くなる方法!

「このミニバンがいいな、でも予算オーバー…」
「安く購入したいけど、値引き交渉は苦手・・・」
「ディーラーをいくつも回るのも面倒・・・」
「新車を一番お得に最安値で手に入れたい…」
「最安値で購入して、オプション付けたい・・・」
「ディーラーに売り込みされるのはイヤ…」

など、ミニバンの購入を検討しているけど
悩みが尽きない・・・

このように悩んでいる方は
実は、非常に多いんです!

家族会議を開いたところで
車が安くなる訳でもなく…

友人に話を聞いてもらっても
欲しい車に手が届かない。

そんなあなたにオススメの裏ワザを
ご紹介します!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多くあるんです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
下取り会社が競ってくれるので、
結果として
買取価格の値段が吊り上るんです。

私も車の買取り査定を利用して
その価格差にかなり驚きました。

幼い子供がいて家から出られない…
そんな心配は一切必要ありません!

下取り会社が自宅に来てくれて、
外で査定をしている間は
家の中で待機していればいいだけ。

買取査定はつかわないと本当に損ですよ~!!!

スポンサードリンク