エスティマとアルファードの違いを徹底比較!買うならどっち?どちらが人気?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
実は多いんです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
下取り会社が競ってくれるので、
結果として
買取価格の値段が吊り上がります。

下取り会社が自宅に来てくれて、
外で査定をしている間は
家の中で待機していればいいだけ。

エスティマとアルファードは、トヨタの人気ミニバンです。

大型ミニバンとして、どちらも特徴のある2台ですが、比較をしてみると、その違いはどこにあるのでしょうか。

また、どっちのほうが人気があるのかも気になりますよね。

 

ミニバンを検討する時には必ず候補に入るミニバン、エスティマとアルファードを今回は比較し、その違いを明らかにするのと、その上でどっちが人気があるのかをお伝えします!

 

スポンサードリンク

エスティマとアルファード比較!全体・室内の大きさ(サイズ)の違いは?

エスティマは、「天才タマゴ」というキャッチフレーズからもわかるとおり、流線形のエクステリアが特徴のLサイズミニバンです。

一方、アルファードは高級感を前面に押し出したトヨタが誇る最上級LLサイズミニバンです

クルマ全体のサイズ、室内空間のサイズはにどのような違いがあるのでしょうか。

エスティマとアルファード比較!寸法編① 全体サイズ

エスティマ アルファード
4,820mm 全長 4,945~4,950mm
1,810mm 全幅 1,850mm
1,760mm 全高 1,950mm
2,950mm ホイールベース 3,000mm

全体のサイズとしては、すべての面でアルファードがワンサイズ上となっています。

特に、全長と全高の差は大きく、車自体のフォルムや、取り回しの感覚にも差をダイレクトに感じます。

 

エスティマとアルファード比較!寸法編② 室内サイズ

エスティマ アルファード
3,010mm 室内長 3,210mm
1,580mm 室内幅 1,590mm
1,255mm 室内高 1,400mm

 

全体のサイズに大きな違いがあるため、室内空間のサイズの違いも大きいです。

ここでも、室内長と室内高の寸法が大きく違うのがわかります。

 

アルファードの1,400mmの室内高は、お子様であれば立ち上がれるぐらいのゆったりした高さです。

 

スポンサードリンク

エスティマとアルファード比較!内装の違いは?

続いては、エスティマとアルファードの内装の違いです。

エスティマとアルファード比較!内装編① エスティマのインテリア

インパネ

引用・https://toyota.jp/estima/interior/indoor_space/

エスティマのインパネ回りは、シンプルな造りとなっており、メーター類はセンターに配置してあります。

シート

引用・https://toyota.jp/estima/interior/indoor_space/

シートも、グレードによってファブリックや合皮、ブランノーブといった使用素材の違いはあれど、基本的にはシンプルで飽きの来ないデザインに統一されています。

 

エスティマとアルファード比較!内装編② アルファードのインテリア

インパネ

引用:https://toyota.jp/alphard/interior/?padid=ag341_from_alphard_space_topnavi_interior

アルファードのインテリアは、高級感を感じさせる質感の高さが特徴的です。

シート

引用:https://toyota.jp/alphard/interior/?padid=ag341_from_alphard_space_topnavi_interior

シートの造りも非常に良く、特に上級グレードのセカンドシートである独立型のキャプテンシートはまるで飛行機のファーストクラスのような出来栄えです。

車体のサイズもあるので、サードシートの快適性も確保されているのも嬉しいポイントです。

 

コンセプトの違いはあるとはいえ、やはり内装の豪華さはアルファードに強みがあります

 

スポンサードリンク

エスティマとアルファード比較!ホイールの違いは?

エスティマとアルファードでは、ホイールにも違いがあります。

エスティマとアルファード比較!ホイール編① エスティマのホイール

引用:https://toyota.jp/estima/grade/grade8/?padid=ag341_from_esti_grade8_detail_1606

エスティマは、グレードに応じて17インチまたは18インチのホイールを装着します。

基本のホイールは、デザインが細かくてお洒落です。

 

エスティマとアルファード比較!ホイール編② アルファードのホイール

引用:https://toyota.jp/alphard/grade/els/?padid=ag341_from_alphard_grade_els_thumb

アルファードのホイールは、グレードに応じて16インチ~18インチになります。

アルファードの場合は、グレード毎にホイールのデザインも変わるという細かさで、上記の画像のホイールは最上級グレードのExecutive Loungeに採用されているものです。

引用:https://toyota.jp/alphard/grade/els/?padid=ag341_from_alphard_grade_els_thumb

エントリーグレードのXになると、このようにかなりシンプルなデザインのホイールになるので、アルファードはグレード毎の差が激しいのが特徴です。

 

印象としては、アルファードのエントリーグレードより、エスティマの方がホイールの方が格好良いですね。

 

エスティマとアルファード比較!燃費の違いは?

日々のランニングコストに直結するのが、燃費ですよね。

エスティマとアルファードの燃費はどんな数値なのでしょうか。

エスティマとアルファード比較!燃費編① エスティマの燃費

エスティマには、2つのパワートレインが存在します。

  • 2.4Lガソリンエンジン
  • ハイブリッド(2.4Lエンジン+モーター)

 

そして、それぞれのカタログ燃費(JC08モード燃費)は以下の通りです。

  • ガソリン 11.4km/L
  • ハイブリッド 18.0km/L

 

エスティマとアルファード比較!燃費編② アルファードの燃費

アルファードのパワートレインは、3つあります。

  • 2.5Lガソリンエンジン
  • 3.5Lガソリンエンジン
  • ハイブリッド(2.5Lエンジン+モーター)

 

そして、それぞれの燃費は以下の通りになっています。

  • 2.5Lエンジン 11.4km/L~11.6km/L
  • 3.5Lエンジン 10.4km/L~10.6km/L
  • ハイブリッド 18.4km/L~19.4km/L

 

アルファード方がボディサイズも大きい車ですが、カタログ燃費(JC08モード燃費)の数値では全体的にエスティマを上回っています

 

エスティマとアルファード比較!販売価格(値段)の違いは?

購入を検討する際に非常に気になるのが、販売価格(値段)ですよね。

エスティマとアルファードには、どのような違いがあるのでしょうか。

エスティマとアルファード比較!新車価格(値段)編① エスティマの新車価格

グレード 新車価格
AERAS 3,271,418円~
AERAS PREMIUM 3,401,018円~
AERAS SMART 3,514,909円~
AERAS PREMIUM-G 3,700,473円~
HYBRID AERAS 4,311,163円~
HYBRID AERAS PREMIUM 4,391,673円
HYBRID AERAS SMART 4,532,073円
HYBRID AERAS PREMIUM-G 4,928,727円

 

 

エスティマの新車価格は、330万円台~490万円台です。

ガソリンとハイブリッドの価格差が大きいのが特徴で、約100万円の差があります。

 

エスティマとアルファード比較!新車価格(値段)編② アルファードの新車価格

ボディタイプ グレード 新車価格
標準ボディ X 3,376,080円~
G 4,206,600円~
GF 4,652,000円~
Executive Lounge 7,208,640円~
HYBRID X 4,384,800円~
HYBRID G 4,997,160円
HYBRID G Fパッケージ 5,551,200円
HYBRID Executive Lounge 7,352,640円
エアロボディ S 3,714,120円~
S Aパッケージ 3,926,880円~
S Cパッケージ 4,383,720円~
SC 4,969,080円~
Executive Lounge S 7,177,680円~
HYBRID S 4,632,120円
HYBRID SR 5,139,000円~
HYBRID SR Cパッケージ 5,695,920円
HYBRID Executive Lounge S 7,502,760円

 

アルファードは、グレード間の差が大きく、350万円台から750万円という価格設定になっています。

エスティマと比べてみると、エスティマハイブリッドの最上級モデルが、アルファードハイブリッドの通常ボディのGグレードと同じ価格帯となっています。

 

エスティマとアルファード比較!値引き相場や値引き限界額の違いは?

エスティマもアルファードも、決して安い車ではなく、購入の際は値引きができるだけされてほしいものですよね。

それぞれの値引き相場を見てみると、エスティマは現行モデルが2006年から販売されていることもあり、割と値引きはしやすく、約40万円の値引きが相場と言えます。

一方、アルファードの値引き相場は、約35万円といったところです。

 

また、限界値引き額が、エスティマが60万円、アルファードが50万円ほどです。

 

値引きの幅はエスティマの方が大きく、よりお得に購入が可能と言えます。

 

エスティマとアルファード比較!乗り心地の違いは?どっちが良い?

次に、車を乗っている上で重要な乗り心地ですが、エスティマとアルファードにはどのような違いがあるのでしょうか。

 

ここでも、エスティマのプラットフォームの設計の古さが影響します。

どうしても、ボディ剛性等の面で最新のものと比べると劣る点があり、荒れた路面等ではかなり突き上げ感を感じる乗り心地です

ですが、綺麗な路面であれば良い乗り心地は期待できます。

 

一方、アルファードは車高は高いものの全体的に低重心で、安定感があります。

高級車を謳うだけあって、乗り心地も良く、低速、高速ともに良いのが特徴です

 

エスティマとアルファード比較!安全装備の違いは?

引用:https://toyota.jp/estima/safety/tss/

エスティマとアルファードの安全装備の決定的違いは、装備されるTOYOTA Safety Senseの違いです

エスティマには「」、アルファードには最新の第二世代が装備されます。

「C」の内容は以下の通りです。

  • プリクラッシュセーフティシステム(衝突被害軽減ブレーキ)
  • レーンディパーチャーアラート(車線逸脱防止警報)
  • オートマチックハイビーム(ヘッドランプのハイ/ロー)

引用:https://toyota.jp/alphard/safety/tss/?padid=ag341_from_alphard_safety_topnavi_tss

一方、最新の「第二世代」はこのような機能になります。

  • プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼夜]・自転車運転者[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)
  • レーントレーシングアシスト[LTA]
  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)
  • アダプティブハイビームシステム[AHS]/オートマチックハイビーム[AHB]
  • ロードサインアシスト[RSA]
  • 先行車発進告知機能[TMN]

 

特に大きいのが、日中、夜間問わずの歩行者検知です。

「C」には歩行者検知がありません。

それもそのはず、この検知機能はトヨタで初導入なのです。

 

最上級モデルだからこそ、このような最新の安全装備がつくといえます。

 

エスティマとアルファードどちらが人気?

ここまで、多くの視点からエスティマとアルファードを評価してきました。

では、実際のところ、どちらの方が人気なのでしょうか。

客観的なデータでみるために、日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している、2018年の販売台数で見てみましょう。

  • エスティマ 50位 8,713台
  • アルファード  14位 63,315台

 

このように、アルファードは高額車でありながら上位にいるのに対し、エスティマは50位で、その差は歴然としています。

 

よって、人気のなのはアルファードです。

 

エスティマとアルファード買うならどっち?リアル評価!

では、エスティマとアルファードでは、買うならどちらにすべきでしょうか。

 

結論としては、アルファードを買うべきです。

 

なぜなら、クルマそのものとしてのクオリティが、エスティマよりも上回っているからです。

デザイン、質感、安全装備、すべての面で、アルファードは最新です

一方、エスティマは基本設計の古さが全体期に目立ち、新車で買うとなると少し躊躇してしまいます。

 

また、価格面でも、エスティマの上級グレードはアルファードの中級グレードの価格帯と似ているので、そこまで予算を大幅に上げなくてもアルファードには手が届きます。

 

もちろん、エスティマの流れるようなボディは魅力的ですが、ミニバンの本来の目的を考えると、アルファードを選択すべきです。

 

エスティマとアルファードの違い・比較・人気まとめ!

今回は、エスティマとアルファードの違いを様々な視点から比較し、双方の特徴、そして、どちらが人気でおすすめかを検証しました。

 

ミニバンという共通点をもちながら、そのコンセプトや立ち位置というのは大きく違うエスティマとアルファードですが、新車で購入するということを軸に置いた場合、アルファードの優位性が目立つ結果となりました。

これは、エスティマが悪いクルマということではなく、客観的に見た現在の状況での評価です。

 

もし、今後エスティマがフルモデルチェンジ等で最新のクルマになれば、その評価はひっくり返る可能性だってあります。

それぐらい、エスティマとアルファードは互いの個性が光るクルマですので、どちらを選んだとしても、間違いないです!

ミニバンが値引き金額から更に50万円安くなる方法!

「このミニバンがいいな、でも予算オーバー…」
「安く購入したいけど、値引き交渉は苦手・・・」
「ディーラーをいくつも回るのも面倒・・・」
「新車を一番お得に最安値で手に入れたい…」
「最安値で購入して、オプション付けたい・・・」
「ディーラーに売り込みされるのはイヤ…」

など、ミニバンの購入を検討しているけど
悩みが尽きない・・・

このように悩んでいる方は
実は、非常に多いんです!

家族会議を開いたところで
車が安くなる訳でもなく…

友人に話を聞いてもらっても
欲しい車に手が届かない。

そんなあなたにオススメの裏ワザを
ご紹介します!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多くあるんです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
下取り会社が競ってくれるので、
結果として
買取価格の値段が吊り上るんです。

私も車の買取り査定を利用して
その価格差にかなり驚きました。

幼い子供がいて家から出られない…
そんな心配は一切必要ありません!

下取り会社が自宅に来てくれて、
外で査定をしている間は
家の中で待機していればいいだけ。

買取査定はつかわないと本当に損ですよ~!!!

スポンサードリンク