アルファードの維持費はいくら?高い?月平均・年間でどのくらい?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
実は多いんです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
下取り会社が競ってくれるので、
結果として
買取価格の値段が吊り上がります。

下取り会社が自宅に来てくれて、
外で査定をしている間は
家の中で待機していればいいだけ。

トヨタが誇る最高級大型ミニバンのアルファード。

ファミリーカーとしてだけでなく、VIPの送迎などにも使われるように、様々な場面での実用性が高い一台です。

 

そこで気になるのが、維持費が月平均や年間でいくらかかって、それは高いのかどうかですよね。

高級車というイメージがあるだけに、結構高いように思えますが、実際のところが知れたら購入の候補にもなります。

 

そこで、今回はアルファードの月平均と年間で維持費がいくらかかるのかを検証します!

 

スポンサードリンク

アルファードの自動車税はどのくらい?エコカー減税はある?

車を所有すると毎年かかる税金が自動車税です。

毎年4月1日時点の所有者に課税されます。

 

そして、自動車税の税額は、エンジンの排気量によって決定されます

 

では、アルファードのの場合はどうでしょうか。

まずは、アルファードのパワートレインをチェックしましょう。

  • 2.5Lガソリン
  • 3.5Lガソリン
  • 2.5Lガソリン+モーター(ハイブリッド)

 

アルファードには3種類のパワートレインが存在し、

① 2.5Lガソリンとハイブリッド:2.0L超~2.5L以下

② 3.5Lガソリン:3.0L超~3.5L以下

という範囲に該当します。

 

そのため、自動車税額はそれぞれ①45,000円(年間)、②58,000円(年間)となります。

 

アルファードにエコカー減税はある?

引用:https://toyota.jp/ecocar/about1/?padid=ag341_from_ecocar_head-link_about1

ここで気になるのが、アルファードはエコカー減税対象車かどうかです。

結論を言うと、ハイブリッド車はエコカー減税の対象となります(正確には、自動車税はグリーン化特例の対象となります)。

 

アルファードの場合、上記の表で平成32年度燃費基準の40%達成車にあたるので、自動車税は登録翌年度におおむね75%減税となります。

 

ハイブリッド車の税額は、45,000円でしたね。

なので、33,500円が減税され、45,000円ー33,500円=11,500円のみ、登録翌年度に支払うことになります。

 

ここで注意すべきなのは、登録「翌年度」ということです。

これが意味するのは、登録した年、つまり購入した年は普通に課税され、翌年に減税を受けられるということです

 

スポンサードリンク

アルファードの自動車重量税はいくら?

引用:https://www.sonysonpo.co.jp/auto/guide/agde092.html

車を所有するとかかるもう一つの税金が、自動車重量税です。

これは、購入時、そして車検毎に課税される税金です。

そのため、購入時に次の車検までの3年分、そのあとは車検時に2年分をまとめて払うことになります

 

上記の図をみるとわかる通り、車両重量に応じて税額が決まる仕組みになっています。

アルファードは、車両重量が1,920kg~2,240kgなので、2通りの自動車重量税になります。

 

まず、車両重量が2,000kg以下のグレードは、4,100円×4=16,400円、新車登録時は3年分の支払いのため49,200円/3年となります。

 

一方、車両重量が2,000kg以上のグレードは、4,100円×5=20,500円、新車登録時は3年分の支払いのため61,500円/3年となります。

 

そして、この自動車重量税にもエコカー減税が適用され、新車登録時100%が減税となるので、ハイブリッド車は税額0円となります

 

スポンサードリンク

アルファードの自賠責保険と任意保険(自動車保険)は?35歳の場合は?

税金の他に毎年かかる大きな維持費が、自動車保険料です。

自動車保険には、大きく分けて2種類あり、

  • 自賠責保険(強制保険)
  • 自動車保険(任意保険)

 

と言います。

アルファードの自賠責保険

自賠責保険は、強制保険という別名でもわかる通り、車購入時に必ず加入しなければならない保険です。

支払いのパターンとしては、購入時と各車検時に、次の車検の期間までとなります。

 

補償内容は、事故した場合の相手方(被害者)への補償で

  • 傷害 120万円まで
  • 死亡 3000万円まで
  • 後遺障害 4000万円まで

となっている一方、自身の怪我や車両への補償などは一切ありません

 

金額は一律となっており、新車登録時は37か月分の36,780円を支払います。

 

アルファードの自動車保険

 

上記をみてもわかる通り、自賠責保険のみでは十分な補償は受けられません。

そのため、ほとんどの方が加入するのが自動車保険(任意保険)です。

まずは、自動車保険を選ぶ際のいくつかのポイントを見てみましょう。

 

アルファードの自動車保険① 代理店型 or 通販型

 

自動車保険の主な加入方法としては、ディーラーで加入する代理店型とインターネットなどから加入する通販型の2種類があります。

 

最近はテレビのコマーシャルでも多くの通販型の自動車保険会社が宣伝をしているので、馴染みがありますよね。

一般的に、代理店型よりも通販型の方が保険料が安く済みます。

そのため、今回は通販型で見積もりのパターンを取ってみましょう。

大手保険会社である東京海上グループのイーデザイン損保を今回は選択します。

 

アルファードの自動車保険② 車両保険をつけるかどうか

自動車保険の保険料が変わる大きなポイントの一つが、車両保険を付けるかどうかです。

車両保険とは、事故等で車に損害が発生した場合に、その修理費用を補填してくれるというものです。

 

車両保険を付帯しないと、保険料はグッとさがります。

ざっくりいうと、5万円以上変わります。

 

果たしてどちらを選択すべきでしょうか。

 

結論から言うと、車両保険はつけるべきです

なぜなら、車両の修理というのは、非常に高額なものになる可能性があるからです。

そんなことになったら、節約した分は一気に吹っ飛んでしまいます。

 

今回見積もりを取るイーデザイン損保は、車両保険はすべて無制限の補償となるので、その点もおすすめです。

 

もし、車両保険つきでも安く済ませたい場合は、免責金額を付けることで、保険料を抑えることも可能です。

 

アルファードの自動車保険③ 運転者の範囲

 

自動車保険は、運転者の範囲について決めることができます。

  • 契約者本人のみ
  • 本人+配偶者、同居の家族
  • 全員

大まかに分別するとこんな感じで、運転者の範囲が広がるにつれて保険料は高くなります。

今回は、アルファードのファミリーカーとしての側面から考え、契約者本人と配偶者が運転できる契約にします。

 

アルファードの自動車保険④ 35歳、ゴールド免許所持者の場合の見積もり結果

 

それでは、見積もりを出していきます。

条件は、

  • 35歳、ゴールド免許所持
  • 車両保険付き(免責額 1回目:5万円 2回目:10万円)
  • 運転範囲は本人+配偶者
  • 6等級スタート

 

にしました。

その結果、保険料は91,780円/年となりました。

万が一があった時にはこの金額では済まないので、リスクマネージメントとしては妥当な金額ですし、何もなければ毎年等級が上がり、保険料はどんどん安くなっていきます。

 

アルファードの車検費用!平均はどのくらい?

車を所有すると定期的に訪れるのが車検です。

新車登録から3年後、その後は2年毎に車検を受けるがあります。

 

もし車検を受けないと、車を公道で走らせることが不可能になってしまいます。

車検費用の主な構成は、

  • 基本料金
  • 法定費用(自賠責保険、重量税、印紙代)

 

です。

また、車検を受けられる場所は、

  • ディーラー
  • 指定工場(民間の車検場)

 

です。

オートバックスなどのカー用品店も、指定工場に含まれます。

一般的に、ディーラーよりも指定工場の方が安くできる傾向にあります。

 

なので、今回は指定工場で、全国平均を見てみましょう。

  • 基本料金:18,270円
  • 自賠責保険料:25,830円
  • 重量税:32,800円
  • 印紙代:1,200円

 

  • 合計:78,100円

 

となります。

 

アルファードの維持費は月平均・年間でいくら?おおよそのガソリン代を含めると?

アルファードを所有すると、様々な維持費用がかかるということがわかりましたね。

それをまとめて、一体いくら位の金額が年間でかかるか見ていきましょう。

 

また、ここではもう一つの大きな維持費であるガソリン代も入れてみます。

条件としては、

  • 年間走行1万キロ
  • 2.5Lガソリン車
  • ガソリン代はレギュラー130円/L
  • 燃費はカタログ燃費11.6km/Lの70%=8.1km/Lで計算

とします。

 

すると、アルファードの年間の維持費は以下のような結果となりました。

年間の維持費は、約356,900円となります。

 

そしてこれを月平均にすると、約29,742円となります。

また、お住まいの場所や状況よって大きく変わる維持費として駐車場代もあるので、実際に計算する際はそれも考慮に入れてくださいね!

 

アルファードの維持費は高い?リアル評価と感想!

ここまで、アルファードにかかる様々な維持費を一緒に見てきました。

概算で年360,000円、月30,000円かかるわけですが、これは果たして高いのでしょうか。

 

評価としては、高くないです。

なぜなら、アルファード一台で実に様々なことができるようになるからです

普段の移動手段としては当然として、家族旅行、レジャー、車中泊など、どんな場面でも万能に活躍できるのがアルファードの良さです。

 

高級感もあって、これだけ実用性の高い車というのは決して多くありません。

どちらかが足りないと感じる車がほとんどです。

 

もちろん、考え方は様々ですが、もし車が必要と感じているなら、アルファードの多様な実用性を考えるとこれくらいの出費は仕方ないとみるべきです。

 

アルファードの維持費(月平均・年間)まとめ

 

今回は、アルファードの維持費にスポットを当てて解説してきました。

 

最上級クラスのミニバンということでしたが、果てしなく高い金額というわけではありません。

 

様々なミニバンが世の中には存在しますが、このクオリティの車種はなかなかなく、所有すれば必ず気に入る一台になっています。

 

自分の経済事情としっかり照らし合わせて、削れるところはしっかり削り、アルファードで楽しいカーライフを送ってもらえたら嬉しいです!

ミニバンが値引き金額から更に50万円安くなる方法!

「このミニバンがいいな、でも予算オーバー…」
「安く購入したいけど、値引き交渉は苦手・・・」
「ディーラーをいくつも回るのも面倒・・・」
「新車を一番お得に最安値で手に入れたい…」
「最安値で購入して、オプション付けたい・・・」
「ディーラーに売り込みされるのはイヤ…」

など、ミニバンの購入を検討しているけど
悩みが尽きない・・・

このように悩んでいる方は
実は、非常に多いんです!

家族会議を開いたところで
車が安くなる訳でもなく…

友人に話を聞いてもらっても
欲しい車に手が届かない。

そんなあなたにオススメの裏ワザを
ご紹介します!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多くあるんです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
下取り会社が競ってくれるので、
結果として
買取価格の値段が吊り上るんです。

私も車の買取り査定を利用して
その価格差にかなり驚きました。

幼い子供がいて家から出られない…
そんな心配は一切必要ありません!

下取り会社が自宅に来てくれて、
外で査定をしている間は
家の中で待機していればいいだけ。

買取査定はつかわないと本当に損ですよ~!!!

スポンサードリンク