セレナハイウェイスターVセレクションⅡの見積もりは?値引き目標や限界額も

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
実は多いんです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
下取り会社が競ってくれるので、
結果として
買取価格の値段が吊り上がります。

下取り会社が自宅に来てくれて、
外で査定をしている間は
家の中で待機していればいいだけ。

大人気ミニバンのセレナの特別仕様車であるセレナ ハイウェイスター VセレクションⅡ。

装備が充実している車なだけに注目度も高い車ですが、その見積もりや、値引き目標、値引き限界額はどれぐらいなのでしょうか。

そのあたりがわかってくると、検討の際にもイメージしやすいですよね。

今回は、セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡの見積もりがどれくらいで、値引き目標、値引き限界額がいくらなのかを解説していきます!

スポンサードリンク

セレナ ハイウェイスターVセレクションⅡの見積もり額はどのくらい?

セレナ ハイウェイスターVセレクションⅡの見積もりを出すと、どれくらいになるのでしょうか。

まずは、その新車価格を見てみましょう。

なお、価格は2019年7月時点での税込価格です。

セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡ 2WD 2,874,960円
4WD 3,135,240円
セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡ (防水シート車) 2WD 2,907,360円
4WD 3,167,640円

 

このように、防水シートの有無、2WDもしくは4WDという分かれ方をします。

では、次に見積もりを取っていきます。

 

今回は、一番ベースとなるセレナ ハイウェイスター VセレクションⅡの2WDを使って見積もりを取ります。

すると、以下の通りになりました。

グレード セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡ(2WD) 2,874,960 円
ボディカラー マルーンレッド/ダイヤモンドブラック 2トーン(特別塗装色) 75,600 円
内装色 ベージュ 0円
ホイール 195/60R16 89Hタイヤ 16インチアルミホイール(16×6.0J)、インセット45、P.C.D114.3(5穴) 0円
ナビ・ETC ナビレコお買い得パック(MM518D-L)+ETC 308,294 円
合計 3,258,854 円
諸費用 自動車取得税 73,700 円
自動車取得税(エコカー減税額) -14,800 円
自動車重量税 30,000 円
自動車重量税(エコカー減税額) -7,500 円
自賠責保険 36,780 円
自動車税(7月登録の場合) 26,300 円
税金保険料等計 144,480 円
リサイクル費用 10,480 円
登録諸費用(参考価格、消費税込) 49,299 円
諸費用等合計 204,259 円
総支払額 3,463,113 円

 

必要不可欠なオプションや、購入にかかる諸費用を合計すると、3,463,113円となります。

セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡはほとんどのボディカラーがオプションカラーなのですが、その中でも人気が高くスタイリッシュなマルーンレッド/ダイヤモンドブラックの2トーンカラーを選択しました。

 

また、やはりナビとETC、最近話題のドライブレコーダーは欲しいので、セットになったものをオプションで装備しています。

次に、諸費用についてですが、セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡはエコカー減税の対象車のため、自動車取得税や自動車重量税が軽減されているのがポイントです。

また、次年度の自動車税も軽減対象となります。

 

単純に新車価格と総支払額の差額を見ると、588,153円で、約60万円が諸経費としてかかってきます。

これは、他のセレナ ハイウェイスター VセレクションⅡを選んでも同じ程度となります。

 

スポンサードリンク

セレナ ハイウェイスターVセレクションⅡの値引き目標額は?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/sp.html

見積もり結果がわかったところで、次に考えたいのはセレナ ハイウェイスター VセレクションⅡの値引き目標額です。

少しでも値引きができれば、その分負担も減りますし、何とか目標まで頑張りたいですよね。

 

セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡの値引き目標額は、以下の通りになります。

  • 本体価格から35万円
  • オプションの10%

 

これはセレナ全体に言えることですが、値引き傾向としては割と緩めになってきており、これぐらいの目標に設定しても問題ないといえます。

 

しかし、闇雲に値引きを求めてもなかなか難しいのが世の常です。

目標値引きを勝ち取るために必要なポイントをいくつかご紹介します。

 

セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡ 目標額までの値引き方法①  ライバル車との競合

値引き交渉をする際に必ず行いたいのが、ライバル車を引き合いに出すということです。

その際、実際にそのクルマを取り扱っているディーラーに行って見積もりをもらうようにしましょう。

 

やはり、リアルな話をしないと本当に買う可能性のあるお客さんなのか疑われてしまいます。

営業マンもプロなので、そのあたりは見抜きます。

お互いの信頼関係があってこその交渉ですから、そこは自分も万全の準備をしましょう。

 

それでは、代表的なライバル車をご紹介します!

トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア

引用:https://toyota.jp/noah/grade/special/

トヨタのMサイズミニバンの代表格であるノア、ヴォクシー、エスクァイアは、サイズもターゲットとも同じですので、まず最初にライバルに挙げられる車です。

今回は、特別仕様車なので、競合車も特別仕様車のグレードで当てていきましょう

 

ホンダ ステップワゴン

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/blackstyle/

同じくセレナのライバルとなるホンダ ステップワゴンにも、BLACK STYLEという特別仕様車があります。

このあたりのライバル車にはディーラー側もかなり敏感に反応するので、より大きな値引きを引き出せる可能性も高まりますね。

 

セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡ 目標額までの値引き方法②  日産ディーラー間の競合

日産は、○○(都道府県名)日産店、日産サティオ、日産プリンスという3つの販売チャネルを持っており、その運営会社はディーラーによって違う場合があります。

ホームページ等で確認すると、その名前がわかりますので、近隣のディーラーで運営会社が違う場合は、両方を訪れるとよいです。

実質そのディーラーたちはライバルで、値引き合戦に持っていけます。

 

セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡ 目標額までの値引き方法③  販売促進フェア

車の販売は、1年間の中でずっと同じ値引き幅で対応しているわけではないです。

そのなかで、特に値引き幅が大きくなるのが、販売促進フェアです。

 

一般的に、年5回ほどあります。

  • 新春初売りフェア(1月)
  • 決算期フェア(2月中旬~3月末)
  • 夏のボーナス期(6月中旬~7月末)
  • 秋の決算期(8月中旬~9月末)
  • 冬のボーナス期(11月中旬~12月末)

 

こういった時期を狙い、大きな値引き幅をゲットしましょう。

この際に重要なのが、納車日がこの期間に入るようにスケジュールを組み立てることです。

 

基本的に、販売店の成績は納車ベースであることが多く、特に決算期では決算前に納車された車までが成績となります。

直近の数字にこだわるのが営業マンですから、ここを意識すると値引きも期待できますね。

 

スポンサードリンク

セレナ ハイウェイスターVセレクションⅡの値引き限界額は?

次に、セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡの値引き限界額についてお伝えします。

それは、本体価格+オプションからの値引きで60万円です。

 

そのために必要なのは、下取り車をできる限り高く買ってもらうことです

 

セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡを限界額まで値引きする方法① 買取専門業者の一括査定

一般的に、ディーラーの下取り額はかなり渋いです。

しかし、事前に自分のクルマの本来の価値を把握すれば、交渉可能です。

 

その際に使うべきなのが、複数の買取業者での一括査定です。

買取専門業者の方がディーラーよりも高い価格を出す可能性が高いですし、複数にお願いすることで業者間でも競争も生みます。

最近では、オンラインで複数業者に一括で依頼を出せるので、手間もかかりません。

 

セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡを限界額まで値引きする方法② ディーラーと交渉

やはりディーラーで下取りしてもらったほうが手続き的にも楽ですよね。

なので、自分のクルマが本来いくらで売れるのかの情報を手に入れ、ディーラーと交渉しましょう。

最高で、取業者と同程度の金額まで下取り額が上がり、それが実質新車購入時の値引きに充当できます。

 

セレナハイウェイスターVセレクションⅡの見積もり・値引き目標・限界額まとめ

今回は、セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡの見積もり、値引き目標額、限界額についてご紹介しました。

非常に魅力的な特別仕様車なので、できればお得にゲットしたいですよね。

今回の記事が、その参考になれば幸いですし、それによってより充実したカーライフを送ってもらいたいです!

ミニバンが値引き金額から更に50万円安くなる方法!

「このミニバンがいいな、でも予算オーバー…」
「安く購入したいけど、値引き交渉は苦手・・・」
「ディーラーをいくつも回るのも面倒・・・」
「新車を一番お得に最安値で手に入れたい…」
「最安値で購入して、オプション付けたい・・・」
「ディーラーに売り込みされるのはイヤ…」

など、ミニバンの購入を検討しているけど
悩みが尽きない・・・

このように悩んでいる方は
実は、非常に多いんです!

家族会議を開いたところで
車が安くなる訳でもなく…

友人に話を聞いてもらっても
欲しい車に手が届かない。

そんなあなたにオススメの裏ワザを
ご紹介します!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多くあるんです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
下取り会社が競ってくれるので、
結果として
買取価格の値段が吊り上るんです。

私も車の買取り査定を利用して
その価格差にかなり驚きました。

幼い子供がいて家から出られない…
そんな心配は一切必要ありません!

下取り会社が自宅に来てくれて、
外で査定をしている間は
家の中で待機していればいいだけ。

買取査定はつかわないと本当に損ですよ~!!!

スポンサードリンク